ハイエース モデルチェンジ

モデルチェンジでも変わらないハイエースの魅力!

現在までのトヨタ・ハイエースのモデルチェンジでは主にトランスミッション(変速機)やエンジン形式の変化が多くみられます。
まず初期のころは4速マニュアルトランスミッション(MT)車が中心でしたがその後5速MT車のモデルも出現してモデルチェンジのたびに
幹線道路や高速道路での走行性能を十分に発揮できるようになりました。特にモデルチェンジを経てオートマチック車(AT)の登場や、ガソリンエンジンと
ディーゼルエンジンを選べることで走る地域の地形や天候、あるいは積載するものに合わせて車を選びたいといった
企業のリクエストに答えているのでそれらがハイエースを選ぶ根強い理由となっているようです。
このような経緯を見ていくと最新のモデルチェンジでもやはりトランスミッションが変わりました。
まず、従来のトランスミッションは4速と5速AT車のモデルがありましたが、それに加えて6速AT車のモデルが加わり、高速道路での走行時に6速にすることで
燃費を抑えた走行が出来るようになりました。
また、環境を考慮してディーゼルエンジンタイプには排気ガス浄化機能も搭載するようになり、高速道路等のトンネルの空気を汚さず、また吹かした際の排気ガスで
近くの歩行者や後続車に不快な思いをさせないように設計されています。
また、モデルチェンジでもハイエースの大きく変わらないという点では1967年の発売から外観や内装はシンプルで尚且つ最低限のもので一貫しているという点で、
これにより企業への導入コスト削減や、キャンピングカーとして改造・拡張のしやすさを実現していると言えます。
ちなみに、ハイエースから派生したグランビアやアルファードなど人気ミニバンも多数ありますのでこういったことも広い意味では
時代に合わせたモデルチェンジととらえても良いでしょう。
これらの事を見ていくとやはり時代の変化に合わせ、かつシンプルさを変えないモノづくりを体現している車がトヨタ・ハイエースと言えるのではないでしょうか?

 

 

ハイエースの高価買取に必要なことはたった1つ!