ハイエース 維持費

ハイエースの維持費って高いの?

ハイエースを会社の車として導入しようと考えていたり、趣味のキャンピングカーやラジコンを載せるための車として利用したいという人は多いと思いますが
いずれの場合も気になるのはやはり購入後の維持費ではないでしょうか?
ここではハイエースの代表的な維持費を上げていきます
@自動車税
自動車税はハイエースに限らずどの車にもつきものです。
ハイエースの自動車税は普通乗用車用(キャンピングカーなど)として乗る場合、エンジンの排気量ごとに価格が変動しますが
業務で使う貨物用の場合は16000円かかります。また、11〜13年目になると10%増しの料金となるのでこのタイミングで買いかえる
という方も多いようです。
A車検代
車検代は車検のタイミングのときに払うものすべてで、重量税、強制加入の自賠責保険、整備費用、検査印紙代がそれに入り、
ハイエースを普通乗用車として乗る場合は2年間で11〜16万円程度、貨物用の場合は9〜11万円程度かかります。
B任意保険
任意保険は入らなくともよいものですが、交通事故などのリスクや同乗者の事故等を考えると入っておいた方が安心ですし、
後述のように車が故障したときに助かるかもしれません。
ですからハイエースを乗る状況に応じて保険の種類を選んでおくことで維持費を抑えられます。
C車体の故障の修繕

これに関しては下手な運転をしない限り大丈夫かと思いますが、誰かに傷付けられたりすることもあります。
よく多い車体のキズやへこみは修繕費が5万円から15万円程度しますので、維持費は高くなりますが万が一のときの修繕費用が
安くなるので任意保険に入っておくのが良いでしょう。

 

ちなみに、ハイエースは丈夫な車として世界の新興各国の支持を受けていますので正規ルートでの買い取り・輸出もあるため
他のセダンやハイブリットカーよりも値下がりがしにくい車種となっています。ですから年数が経過して維持費が上がってきたりしたら
下取りに出して良い値段で買い取ってくれることが有りますので総合的に見ていくとハイエースは維持費がかからない車と言えそうです。

 

 

ハイエースの高価買取に必要なことはたった1つ!