ハイエース ハイブリッド

ハイエースにもあるもう一つのハイブリッド

車を乗るなら、快適性を選ぶ?それとも燃費を気にする?

トヨタはこれまでに、ハイブリッド車をたくさん出してきましたが、どれも、好評で街中でもよく見かけますよね。
それどころか今はどこのメーカーでも、どれだけ燃料費を削減できるかを競って日々余念を費やしています。
それもそのはず、今の時代、車を乗りたいと思う人が減ってきてしまっているので、その離れてしまった心を掴むために必死になってユーザー目線からの快適を編みだそうとしているのだろう。
ではお聞きしたい。
本当に、燃料ばかり気にして運転するのは望んでいる通りの車なのだろうか?確かに素晴らしい技術だと思います・・が、それならばハイブッリドのメリットがそこまで成果を出し切っているのか?本当に満足しているのか?快適なドライブをしたければ、アクセルを一杯踏んだ瞬間に身体に感じる車との一体感ではないだろうか。
でも、地球破壊の危機を救うために、一役買ってもいる。
それは汚い排気ガスを減らすこと。

 

つまり・・今や自然環境との共存をするためには致し方ないことでもある。

 

ならば、未だハイブリッドをだしていないハイエースは今後どうなるのであろう。
果たして登場するのであろうか?それとも、このままハイブリッドは開発の視野に入れないのか?
まず、ハイエース・ハイブリッドが登場していないのはなぜだろう。

 

ハイエースは、主に商用というイメージが強いのですが、プライベートでもカッコよく乗りこなせる2WAYタイプで荷物もたくさん入るし、中も広々と使用目的に合わせられるのも魅力の1つなのです。
ところが、ユーザーが思うように燃料費が掛かりすぎるイメージが拭いきれず、ほとんどが商用で使用することの方が多いことでもあります。
だったら、次に皆さんも想像されたかと思いますが、考えられるのはこれしかないでしょう。

 

例えば・・燃料費をもっと抑えることができるハイブリッド車・・なんて。
ガソリン車でもディーゼル車でも、燃料費を抑えられることにも限界があります。
それならば、そろそろお披露目されてもいいのではないかと待ち望んでいる人はたくさんいると思います。
そうなるともっともっと一般的なユーザーにも手が届きやすくなるのではないのかと・・・。
ただ、正直もっとデザインを重視している、エスクワィヤ―、アルファードや、ベルファイヤなどにユーザーの目が奪われてしまうのも事実なので、今のところ、トヨタ社では、ハイエース・ハイブリッドなんていう進化を考えているような気配すら感じませんし、又、あえて進化させようとも考えていないようです。
う〜ん・・難しいところですね。

 

ちなみに・・ハイエースは、1967年より登場していますが、当時はH10系から始まり、1977年にはH20系〜40系の2代目として登場、続いて1982年にはH50系として3代目に受け継がれて、1989年にはH100系の4代目、2004年より今現在に至ってはH200系として活躍をしています。
そしてこのような技術があり変貌を遂げ生まれ変わっても、未だハイブリッドに繋がるような情報がありません。
ですが、いずれ出てくるのかもしれません・・というような状況です。

 

それでも、今、乗っている人でも、購入しようとしている人でもどうしてもハイブリッドにしたいと考えている人に朗報です。
ご存知の人も、そうでない人も必見・・・
LPGハイブリッドという方法があります。
実際タクシーなどで使用されているのはご存知ですよね。
特に大きなトラブルもなく使用され続けています。
つまり、巧みな電子制御システムを駆使したもので、排気ガス規制をもクリアした改良車になるのです。

 

ガソリンとLPガスの両方を載せることで、エンジンをかける時はガソリンを使い、走行中に自動的にLPガスに変わるシステムになっています。
すると、かなり燃料費を抑えられるのです。

 

まとめ・・・として。

ハイエース・ガソリン車とディーゼル車では、燃費の数値ではほぼ互角ということが分かりました。
そして、あえて違いを見つけるとしたら、走り方1つで燃料費が変わるということです。
ガソリン車だと、トルクを全開にするためにアクセルを最大限にして踏み続け、また、加速を続ければ莫大な燃料を消費します。
ところがディーゼル車だと、低回転でもトルクを発揮します。
でもそれ以上のパワーを求めるターボを装備することで燃料費が嵩んでしまいます。
なので、どっちもどっちということなのです。
その上、これだけの大きくて広さを確保できる車には車内に入れる荷物によりアクセルの踏み方にも力が入ってしまいます。
このようにしてパワーを出そうとしてしまうのです。

 

ならばハイブリッドにすれば燃費を抑えられるのではないかと思われますが
正直、ハイブリッドにはかないませんが、ガソリン車やディーゼル車よりも気持ちもコストにも余裕が持てるようになり、走りを満喫することができるのは、LPGハイブリッド車なのです。

 

あくまでも、大凡的な金額なのですが、工賃費として、すべてを含め70万円前後で出来そうです。
断言はできませんので、あらかじめ作業を始める前に見積もりを出してもらってからにして下さい。

 

それと、今現在のガソリンスタンドでの給油する際のディーゼルとLPGの料金比較をしても10円〜15円ほどの差があり、LPGの方が安いことも結果としてだされています。

 

 

ハイエースの高価買取に必要なことはたった1つ!