ハイエース 6速

これからのハイエースは6速で決まり!

ハイエースの高価買取に必要なことはたった1つ!

 

トヨタ・ハイエースと言えば発売された1967年から現在まで主に運送・タクシー用営業車や、改造を施したキャンピングカーとして愛されている車種です。
そんなハイエースのトランスミッション(変速機)の機能を注目してみていくと現在製造されている現行モデルは運転しやすい
オートマチックトランスミッション(AT)車のみとなっています。
しかし、新型のハイエースはAT車でありながら6速の変速に対応しているのです。
まず「6速」と聞くとクラッチ操作でギアチェンジするマニュアル車(MT)をイメージするかと思いますが、
最近ではAT車のギアを上下させてギアを選択できるものからハンドルの横についているパドルシフトレバーでギアを選択できるものがあります。
もちろん、クラッチ操作がいらないのでAT限定免許でも運転できますし、エンストすることがありません。
また、ギアの選択肢が増えると道路の形状に合わせたエンジンのパワーを発揮できるため重い荷物を積んで坂道を登るときや
下り坂でエンジンブレーキを利かせたいときなどに6速あるというのは効率的な運転が出来るうえ燃費を抑えることができるのです。
その他にも新型は1速のトルク(エンジンの回り出す勢い)が従来の4速モデルよりも1.3倍と高くなっていますので重い荷物を積んでいてもしっかりと走り出してくれますし、
高速道路を運転をする際にも5速、6速と高いギヤを選びエンジンの回転数を落とせますので6速ATの機能が燃費を抑えてくれるということになるのです。
ですので、ハイエースはこういった進化から発売から現在まで営業や運送など会社で所有する車として多くの企業などで採用されているのです。
特に営業車を現在探している方には価値ある設備投資となりますし、キャンピングカーで楽しまれる方にも快適なドライブの時間を提供してくれることでしょう。
6速ハイエースが気になったら、まずは実際に新型のハイエース試乗してみて今乗っている営業車やキャンピングカーの感覚や燃費性能を感じてみるといいかもしれませんね。

 

 

ハイエースの高価買取に必要なことはたった1つ!